外国人の利用を増やすには|格安料金で利用できるテープ起こし業者を探してみよう
レディ

格安料金で利用できるテープ起こし業者を探してみよう

外国人の利用を増やすには

2人の女性

言葉の壁を取り払う

観光局の統計データによると、2015年の訪日香港人の数は152万人とされており、全訪日外国人の約7.7%を占めています。英語を話すことができる香港人観光客も多いのですが、話すことができない方も少なくありません。香港人は広東語をベースとしますから、彼らを取り込むためには英語、もしくは広東語の通訳を検討しなければなりません。香港人観光客は、日本食やショッピングを目的に来日しており、中国人並みに大量購入するケースも多く、販売や飲食業を営んでいる法人は、通訳について検討すべきです。その方法としては、専用ソフトやアプリなどを導入するパターンと、英語や広東語がしゃべれる通訳スタッフを常駐させることが挙げられます。

人件費や精度の問題

注意すべき点として、通訳スタッフを常駐させる方法は、香港人観光客とコミュニケーションを取るためには最適ですが、人件費がかかることが挙げられます。一方、通訳ソフトの中には、無料ソフトも数多く提供されていますが、うまくコミュニケーションが取れない場合もあります。そこで、近年では、電話やインターネットでリアルタイムにコミュニケーションがとれる通訳サービスが注目されています。これは、外国人観光客と通訳スタッフが、テレビ電話やインターネットを通じてコミュニケーションをとる方法で、人件費の節約と正確な通訳の両方をいいとこ取りできるサービスです。通訳を常時配置するのはコスト的に厳しいという法人や、通訳の精度をもう少し上げたいと願う法人は、ぜひともチェックすべきサービスと言えます。