女の人

格安料金で利用できるテープ起こし業者を探してみよう

グローバル化に対応

オフィスワーカー

多言語翻訳を行うには、翻訳サイトを利用する方法や、翻訳代行サービスに翻訳を依頼する方法があります。翻訳代行サービスは料金が発生しますが、ビジネスに関わる翻訳の場合は言葉の正確さやニュアンス、相手の国の生活習慣などを理解した上での翻訳が必要になってきますので、そちらを利用するのが良いです。

詳細

多様な外国語に対応

男性

多言語翻訳サービスはインバウンド型のマーケティングに大きな効果を期待できることから、大企業だけでなく中小企業でも利用されています。コストダウンと品質向上のために、クラウドソーシングやポストエディットが用いられます。

詳細

音声を文章に

女性

音声を文章にするには

コンピューター技術の発展により音声認識ソフトが登場し、音声を自動で文章にするといったことが可能になっていますが、これらのシステムは必ずしも万全ではありません。特に日本語においては同音異義語が多くあるなど、音声を正確に文章にするには人力でチェックすることが求められます。これらの音声から文章にする作業はテープ起こしと呼ばれます。テープ起こしはテープレコーダーが登場した頃かある仕事で、レコーダーで記録された音声を文章化するというものです。現代は文章化はデジタルデータとするものです。テープ起こしは出版業界やマスメディアで広く使われていますが、一般の企業や個人でも依頼することが可能で、例えば講演会などの音声データを文章データにすることができます。

費用

テープ起こしの費用の相場はさまざまで会社によって変わってきます。一般的には分数と納期によって決まるもので、相場としては、60分で中1日を納期とした場合には1万5千円から2万円程度です。このため1万5千円以下であれば格安といえます。また格安では基本的にあるがままの文章化となるのが一般的です。これはケバ付き素起こしと呼ばれるもので喋りだす前に発する特別意味のない発音も含まれます。ケバ付きとした場合には文章として読みにくいといったデメリットがありますが、その分費用は格安です。なお、格安のテープ起こしでもオプションとしてケバを取り除いたり読みやすいように整文するといったサービスを付けることも可能です。

外国人の利用を増やすには

2人の女性

英語や広東語を使う香港人観光客が増え、販売や飲食業を営む法人は、彼らを取り込むことを検討すべきです。言葉の問題をクリアするには、原則として、通訳スタッフや専用ソフトを導入する必要があります。近年では、人件費節約や通訳の精度の高さから、電話やインターネットを利用した通訳サービスが注目されています。

詳細